肥満の解消

通常のダイエットでは効果がない人のために

言うまでもないことですが、肥満の解消には美しいボディラインを実現するという美的な側面と、健康を増進するという2つの側面があります。蓄えすぎてしまった脂肪を減らし、身体をすっきりさせることは、外観を整えるだけでなく生活習慣病の予防などにも役立ちます。 しかし中には意志の問題や体質の問題などで、運動や食事制限などの通常のダイエットではどうしても肥満が解消できない人がいます。こうした場合、そのまま放置していたのでは将来どんなリスクがあるか分かりません。そこで現在では、肥満治療という名のもとにさまざまな医学的アプローチが提供されるようになっています。 一般に肥満治療といった場合、2つの方法があります。1つは美容を目的としてもので、もう1つは疾病の予防を目的としたものです。

肥満治療には2つの流れがある

美容目的の肥満治療は、美容皮膚科や美容外科といった医療機関で取り扱っています。いずれも皮下脂肪を直接取り去ることで、身体各部のサイズダウンを目指します。 代表的な治療法としては脂肪除去と脂肪溶解注射があります。このうち脂肪吸引は、皮下に管を挿し入れ、脂肪を吸い取ってしまうというものです。脂肪溶解注射の方は、特殊な薬液を注入して脂肪を液状化させることで、自然に体外に排出させます。 一方、健康被害のリスクを避けるための肥満治療は、内科が中心となります。総合病院の中には肥満外来・ダイエット外来といった専門の診療科を設置している ところもあります。 こちらの治療法は、食生活を中心とした生活指導と薬物療法が基本になります。処方される薬には神経に作用して食欲を抑えるものや、消化酵素の働きを抑えて脂肪の吸収を減らすものなどがあります。